インポを病院に行かずに治す方法

インポを病院に行かずに治す方法

男性にとって重要な問題となるインポテンツ、精神的にも生活面にも大きな影響を与えます。一刻も早く何とかしたいと思っても、内容が内容だけに周りの人にも聞きづらく、また病院に行く決心がなかなかできない方も多いのではないでしょうか。

また、病院に行ったとしてもすぐに治るとは限りません。多くのED専門の病院では投薬治療が行われます。この薬剤の価格は、1粒1000円以上のものもあります。

経済的にも精神的にも病院に行くのが厳しい場合も多いでしょう。何とか病院に行かないで治す方法はないのでしょうか。そもそもインポテンツの原因は何なのでしょうか。

男性器は刺激を受けると、NOやCOを発生させて血管を拡張させます。太くなった血管に大量の血液が流れ込むことによって海綿体が固くなり、勃起という状態になります。

その後はCO(一酸化炭素)の作用によりこの状態を持続させます。この機能が正常に働かない状態をEDといいます。1次性と2次性があり、生まれつきの1次性では脳下垂体の機能低下などにより性ホルモンのバランスが十分に調節されてないことが原因とされています。

一方多くの人を悩ませているのは後天性の2次性インポテンツです。これは年代別に可能性の高い原因が異なります。20代~40代では、心因性のものが多いとされています。ストレスやプレッシャーにより引き起こされます。

40代以上では加齢、生活習慣病が原因の勃起不全が考えられます。先ほど述べたように勃起状態になるためには血管が大きく寄与しています。人の血管は加齢とともに硬くなり柔軟性を失って脆くなっていきます。

また糖尿病や心臓病などにより、血管が柔軟でなかったり拡張機能がうまく働かなくなったりすることも原因となります。

原因から、自宅でできる方法について考えていきます。若い方のEDの場合は、機能的な問題はなく精神的な問題であることが多いため、まずはその原因となっていると考えられるものを除いていくことが重要です。

激務による睡眠不足や食生活の偏りも原因となることがあります。休息をしっかりと取って心身ともにしっかりと休めましょう。

年齢的に機能的な不安があるという場合は、不足しているものをサプリメントなどで補ったり、長期的に生活習慣を見直すことで改善していきましょう。死活習慣病の改善がインポテンツの治療につながる可能性もあります。

これまで病院に行かない方法をご紹介しました。しかし恐ろしい病気が隠れていることもあります。できるのであれば専門家に相談してみることを一番におススメします。